【第一種衛生管理者】試験対策 語呂合わせで勉強時間を短縮して合格しよう!【まとめ】

むなかた
ご訪問ありがとうございます。
むなかたと申します。

今回は第一種衛生管理者を受験するにあたり、もっと効率良く勉強したい、もっと時間をかけずに勉強したい、という私が、なるべく時間をかけずに暗記するために使った語呂合わせをまとめてみましたので、ご紹介したいと思います。

第一種衛生管理者の勉強を始めた方は分かると思いますが、意外に勉強する幅が広くて、覚える事が多くて大変だと感じていると思います。

私も何回かテキストを読んではいましたが、仕事ですら使わない用語や知識が多くて、試験2ヶ月前にもかかわらず、ほとんど頭に入っていませんでした。

さすがにこれはヤバイと思い始めて、やり始めたのがYoutubeで語呂合わせの動画を流しっぱなしにして、通勤や移動、家事をしている時などに、とりあえず聴く勉強法でした。

ネットで検索していると、昔から受け継がれたやり方みたいで、結構あがってくるのですが、覚えにくいものや無理やり過ぎるものも多かったので、私なりに覚え易くしたものをまとめてみました。

語呂合わせ

あ行

か行

血漿中の蛋白質、アルブミンとグロブリンの働き

🙇🏻‍♂️ 歩くのしんどい、名駅でグロッキー。

解説:アル(ブミン)は血液浸透(圧)を維持する。グロ(ブリン)は免疫(物質の抗体)を含む。

さ行

た行

電磁波の波長の長さ

🙇🏻‍♂️ でんぐりがえしか、狭い部屋では難しい。

(波長が短い方から順番に)
解説:でん(電磁波)ぐりが(ガンマ線)え(エックス線)し(紫外線)か(可視光線)、せ(赤外線)まい(マイクロ波)部屋では難しい。

特定化学物質 第一類物質7つ

🙇🏻‍♂️ べ!弁当忘れたの?オレのとりの唐揚げと、アジの塩焼きあげる。イチジクもあるよ。

解説:ベ!(ベリリウム)べ(ベンゾトリクロリド)んとう忘れたの?
オレのとり(オルト-トリジン)唐揚げと、 ア(アルファ-ナフチルアミン)ジ(ジアニシジン)の塩(塩素化ビフェニル)焼きあげる。イチジク(ジクロルベンジジン)もあるよ。

な行

鉛健康診断の健診項目

🙇🏻‍♂️ 訛り(なまり)出る。アミとリンさん。
解説:鉛健康診断 —- 尿中のデルタアミノレブリンサン量の検査

は行

ま行

や行

雇入れ時等の安全衛生教育で一部の教育事項が省略できる業種

🙇🏻‍♂️ 景気はどう?
解説:け(警備業)い(医療業)き(金融業)はどう?

有機溶剤のばく露の生物学的モニタリングとしての尿中代謝物

🙇🏻‍♂️ きしメん(きしめん)、トル馬(トラウマ的な)
解説:キシレン→メチル馬尿酸、トルエン→馬尿酸

ら行

わ行

まとめ

意外に時間がかかる第一種衛生管理者の試験勉強。これを少しでも時間を短縮して、暗記で済むところは暗記してしまおう、というのが語呂合わせの発想に繋がったと思います。

第一種衛生管理者はどうしても暗記だけでは解けない問題もあるので、暗記で済ませられるところは早く済ませてしまって、他のところを勉強する時間にまわしてしまいましょう。

そして、勉強出来る時間が短くなってきても最後まで諦めずに、合格を目指して頑張りましょう!

それでは、今回はこの辺で失礼いたします。

最新情報をチェックしよう!
>