【音楽】美波さんの『ライラック』聴いてみよう!

ご訪問ありがとうございます。

むなかたと申します。

今回は美波さんの『ライラック』をご紹介したいと思います。

星 ⭐︎ ⭐︎ ⭐︎ ⭐︎ です。

可愛らしい女の子のイラストに、美波さんの力強い声のギャップが癖になる曲です。

声も可愛いような気もするのですが、時々ドスの効いた歌声になったり、やはりメリハリの効いた曲なんだと思います。

優しい雰囲気の女の子と、少し物哀しい歌詞のギャップも良いです。

では、聴いてみてください。

ライラック

2019年1月30日(水)発売のデビューシングル、「カワキヲアメク」収録曲

  1. カワキヲアメク (TVアニメ「ドメスティックな彼女」OPテーマ)
  2. main actor 
  3. ライラック
  4.  ホロネス

美波

公式ホームページ/https://osakana373.therestaurant.jp/

美波(みなみ)は、日本のシンガーソングライターである。

中学生の頃にみた尾崎豊のライブ映像に刺激を受け、作詞を始める。高校進学後にギターを購入してから作曲も行い、本格的な音楽活動を開始する。

Wikipedia より
  • 主に関東を拠点として活動している。さらに、ライブ配信アプリ「ツイキャス」にて弾き語りやオリジナルソングを配信している。
  • ファンと身近で親しみやすい存在であることを大切にしており、Twitter でのやり取りやツイキャスでの配信におけるリスナーとの交流も行っている。ツイキャスでは、誕生日のリスナーにバースデーソングを歌うなど、ファンとの距離感を大切にしている。
  • 本人曰く「絶対意志は曲げない頑固人間」であり、自らの個性を大切にしている。
  • ライブ以外では素顔を露出せず、公式プロフィール画像ではイラストを使用している。
  • 代表曲は、「main actor」「正直日記」「プロローグ」Monologue」「ETERNAL BLUE」「ライラック」「ホロネス」「水中リフレクション」「先生、あのね」「カワキヲアメク」など。

MV

歌詞

いつかの声が 今僕の心を窮屈にしていく
ああだったんでしょ こうだったんでしょ
身勝手解釈receiver
変わらなきゃ飽きましたって 変われば変わりましたよねって
一体なんだい? それなんだい?
矛と盾は無くならないようでして

幸せはピンぼけする不良品アイシャッター
苦しいことは繊細に映る高画質レンズで
精一杯やってんだ
別に君の為じゃない
ねえそうだろ?
性に合わないことして 生きれるほど余裕ない

人生そうハイに
人生そう前に
人生聡明に
生きたいのは山々だが
割と根拠も証明もないような 現状世界くらいが丁度よくて

人生そうラフに
人生そうタフに
人生そうゲームみたいに単純なものでいいだろ
A・Bボタンで賭けて決めたい未来もあるんだ

ヒーローのプライベートはきっとしょうもないと思うんだ
割とネガティヴだったり
普通の人間してるさ 他人の声に惑わされるほど余裕ない

もういっそ不乱に
もういっそ不安定に
もうきっと説明書どおりは綺麗過ぎてしまうから
汚せ 壊せ 決められたつまらない固定概念なんて捨てろ
もう実際どうにでもなれ
押し殺した声でやりたくないことに
軽々しく頷くのはやめろ 上げろ 顔を 上げろ

疲れてしまったんだ
人のエゴで造られた虚にだけはなりたくはなくて
時間はまだあると いざ一人目の前にした後悔と
心電図はグシャグシャのまんま思うことはただ一つ
憂憂憂憂憂憂憂

人生そうハイに
人生そう前に
人生聡明に変わりたいのは山々だが
私は根拠も証明もないような現状世界くらいがお似合いだ

人生そうラフに
人生そうタフに
実際そうゲームみたいに単純明快生きたくって
A・Bボタンで変えてみたい未来もあるんだ

今回はこの辺で失礼いたします。

最新情報をチェックしよう!
>