【美味しい物】京都市右京区西院の少し南にあります、笑顔の優しいご主人が腕を振るっておられる、『華串〜逹〜』さんへ行ってみよう!

ご訪問ありがとうございます。

むなかたと申します。

今回は嵐電西院駅の少し南側にあります、笑顔の優しいご主人が腕を振るっておられる、『華串〜逹〜』さんへ行ってきましたので、ご紹介したいと思います。

華串〜逹〜

住所/京都府京都市右京区西院三蔵町22-9

電話番号/075-585-7447

営業時間/17:00から2:00

定休日/不定期

席数/20席(カウンター7席、座敷12席)

喫煙可

カード可

駐車場無し

予約可

ホームページ:https://hanagushi-tatsu.owst.jp/

地図

お品書き

飲み放題のお品書き

星 ⭐︎ ⭐︎ ⭐︎ ⭐︎ です。

ご夫婦でお店を切り盛りされているそうですが、お二人の雰囲気の良さが、そのままお店の雰囲気の良さになっています。

和食のお店で働いていたという、笑顔の優しいご主人と、テキパキと仕事をこなしていく奥様とが好印象のお店です。

しかも、急な話をお願いしたにも関わらず、丁寧に対応していただき、非常に助かりました。ありがとうございます。

串が主のお店だとは思いますが、先付けから〆のお茶漬けまで、しっかりと行き届いた感じがするお料理で、あれだけ飲んで食べたのに、次の日に胃の調子が良かったのが印象的でした。

良い物を丁寧に仕事されているんだろうなぁ、と感じます。

  • 星5つ・・・好みとかは関係なく、是非みんなに一度は食べて欲しいと思う、絶対おススメのお店。
  • 星4つ・・・何度も足を運んでしまう、クセになる美味しさです。おススメなので是非行って欲しいと思うお店。
  • 星3つ・・・私は美味しいと思いますが、好みは人それぞれなので、興味があったら行ってください、というお店。
  • 星2つ・・・私は今ひとつだと思いますが、どうしても行きたいと思われたら、止めはしません、というお店。
  • 星1つ・・・美味しくないと思います。ここまできたら、もう話題作りのために行ってもいいと思うお店。

職場の方の紹介で行ってきました。(平成31年2月8日、初回訪問。)

飲み放題のビールは一番搾りでした。キリンは久しぶりに飲みました。

やっぱり最初は、とりあえず生ですよね。

ちなみにキリンクラシックラガーとアサヒスーパードライもありました。

春菊のおひたし。炙ったお揚げさんが入っていて、これがちょっと香ばしくて美味しい。

家では、わざわざ炙らないねぇ、この一手間が面倒くさいからやらないなぁ、と主婦陣。

ご主人が和食のお店で働いておられたそうで、素材の味が活かされたお料理でした。

誰かが、お茶漬け以外にも食べ方あるんや、と言われていましたが、京都ではまま定番のお豆腐にジャコ山椒です、

梅肉が添えてあるのは、珍しいと思いますが。

こちらもお豆腐自体が美味しいので、梅肉や山椒をしっかり受け止めて、包んでくれています。

残念だったのは、私が焼酎を頼まずに、ビールを合わせてしまった事です。どう考えても熱燗か焼酎お湯割でした。

3品目は粕汁です。

この時期はお酒を搾るところが多いので、酒粕もよく出回っています。

この日はちょうど、子供たちの晩御飯にも、粕汁を作ってきたところでした。

焼酎の一杯目は、幻の露のお湯割りです。

しっかりと芋の香りがする、ガツンとくる芋焼酎だと思います。

好き嫌いは分かれると思いますが、私は好きなやつです。

二杯目は黒かめをお湯割りで。

本日のお造りです。

どれも美味しかったのですが、私は湯葉が好きでした。

これは地酒を合わせたいですねぇ。

四杯目の、庄三郎(黒)のお湯割りです。

これが一番香りも味もまろやかで、飲みやすいのではないかと思います。

私の好みは、幻の露でしたが。

三番目に丸西も飲んで、さらにもう一巡しましたが、写真は撮れていない感じです。

鯛の頭の煮付け。

この人数分、頭を用意するの、コスパが大変ですね、と発言すると、周りから一斉に、コメントそこかい!とツッコミが入りました。

ただ、私も自分で釣った魚は自分で料理するので少しは分かりますが、頭の部分をさばいて、ウロコが残らないように処理して、煮崩れないように煮付ける、というのはなかなかに手間がかかって根気がいる仕事ですよ。

自分の分を食べてしまってから、写真を撮ってない事に気付く。

食べているのを止めて、写真を撮らせていただきました。

主菜の串揚げです。ウインナー、茄子、椎茸、と何かです……。

すでに記憶がない。

〆は海鮮茶漬けでした。

他に、明太子、わさび、梅もありましたが、あまり食べた事のない、海鮮に挑戦してみました。

で、やってきたのがブリ茶漬け。ブリとは意表を突かれましたが、しっかりとブリの出汁が出ていて身もホロホロで、お茶漬けらしいお茶漬けとなっていました。

さすがに、飲み放題では地酒は入っていませんでしたが、ビールが三種類、焼酎も豊富にあるので、飲み飽きることはありませんでした。

職場の女性陣によると、ゆず酎ハイとカクテルも美味しかったそうです。

しっかりと仕事がしてあって、しかも素材の味を活かす。

そして、器も見て楽しめる。

久しぶりに、ちゃんとしたお料理を食べました。

たいへん満足です。

ごちそう様でした。

今回はこの辺で失礼いたします。

最新情報をチェックしよう!

京都の居酒屋の最新記事8件