【介護保険制度】介護保険サービスの種類について。

ご訪問ありがとうございます。

むなかたと申します。

今回はごちゃごちゃになって分かりにくい、介護保険サービスを種類毎に分けてみたいと思います。ややこしい介護保険を理解するのにお役に立てばと思います。

介護保険サービスの種類

介護保険のサービスは大きく3つに分けられています。

要介護者・要支援者が現在の居宅に住んだままでサービスの提供が受けられる、『居宅サービス』。

「特別養護老人ホーム」「介護老人保健施設」「介護療養型医療施設」に入所した要介護者が受けられる『施設サービス』。

高齢者が介護が必要になっても住み慣れた地域に住み続けることが出来るように、平成17年(2005年)に新たにつくられた『地域密着型サービス』の3つになります。

さらに『居宅サービス』の中に、訪問サービス、通所サービス、短期入所サービス、その他のサービスがあり、『施設サービス』の中では、従来型個室、多床室、ユニット型個室、ユニット型個室的多床室とお部屋の形態によってサービスが分けられており、『地域密着型サービス』では訪問・通所型サービス、認知症対応型サービス、施設・特定施設型サービスがあります。

しかも、これで全部ではなく、各サービスの中にいくつかのサービスがあり、更にややこしくなっていきます。

この全てを文章でお伝えしても、ややこしくて分かりにくいだけだと思いますので、一覧にした後に説明をしていきたいと思います。

介護保険サービスの一覧

『居宅サービス』

訪問サービス
  • 訪問介護
  • 訪問入浴介護
  • 訪問看護
  • 訪問リハビリテーション
通所サービス
  • 通所介護
  • 通所リハビリテーション
短期入所サービス
  • 短期入所生活介護
  • 短期入所療養介護
その他サービス
  • 特定施設入居者生活介護
  • 福祉用具貸与
  • 特定福祉用具販売
  • 住宅改修費支給
  • 居宅療養管理指導
  • 居宅介護支援

『施設サービス』

介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)
  • ユニット型個室
  • ユニット型個室的多床室
  • 従来型個室
  • 多床室
介護老人保健施設
  • ユニット型個室
  • ユニット型個室的多床室
  • 従来型個室
  • 多床室
介護療養型医療施設
  • ユニット型個室
  • ユニット型個室的多床室
  • 従来型個室
  • 多床室

『地域密着型サービス』

訪問・通所型サービス
  • 小規模多機能型居宅介護
  • 夜間対応型訪問介護
  • 定期巡回・随時対応型訪問介護看護
認知症対応型サービス
  • 認知症対応型通所介護
  • 認知症対応型共同生活介護
施設・特定施設型サービス
  • 地域密着型特定施設入居者生活介護
  • 地域密着型介護老人福祉施設入居者生活介護

このように、一覧にするとサービスの種類が多いのが一目で分かりますが、すんなり頭に入って覚えられるか、と云うとそうでもありません。

やっかいなのは、最初からあった居宅と施設のサービスに、後から地域での生活が続けられる事を目的としたサービスが始まり、しかもその中には居宅と施設のサービスが両方とも入っており、さらにややこしさを増している気がします。

これに加えて、日常生活支援総合援助も始まり、ますますサービスは複雑になっていきます。

ひとつひとつのサービスをしっかりと理解していく事で、目的や対象、その違いなどが分かっていくと思いますので、サービス毎の説明も今後していきたいと思います。

今回はこの辺で失礼いたします。

最新情報をチェックしよう!

介護保険制度の最新記事8件

>